2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.10.07 (Sat)

第二回葉鍵板最萌トーナメントを思う。

先月下旬に第二回葉鍵板最萌トーナメントって終了してたのか。

1位は、小牧愛佳

まぁないこともないかなぁと思った。
思えば、第二回が開催された時からずっと
第一回の視点でこのトーナメントを見ていたのかも知れない。
超端的に言えば、ビジュアルノベル三作とおねかのえあがあって後は新参みたいな流れ。

なんて言ったって第一回を知らない人が運営をやっているくらいだ。
もう第一回以前からずっと葉鍵板にいる人はあまり残ってはいないのだろう。
わずかに残っているとしても、それは今の葉鍵信者達とは見方も価値観も違う。

葉鍵作品を端から端まで現役でプレイした人もいればTH2しかやったことがない人もいる。
それは時代の流れだし、致し方ない。

葉鍵板が自分の価値観というものを受け入れてくれる場所ではなくなったという事実。
ただ、それだけが悲しい。


そんな俺がこの結果を納得するキッカケとなった2つのレスがある。
まんま転載。

246 名前:名無しさんだよもん[sage] 投稿日:2006/09/28(木) 23:17:02 ID:ziPmxAy30
そういや、千鶴さんも第一回最萌の当時で6年前のゲームかな?
しかもアニメなどのフォローは一切なし

この手のトーナメントにおける勝敗を分けるのは、
トーナメント開催時点の現在進行形の人気というよりは、
過去に達成したことのある瞬間最高風速だと思う
言い換えると、全盛期にどれだけのインパクトや思い出を残せたか

まぁ、あまり古すぎると流石に駄目なんだろうが
(今回の痕は10年前でさすがに古すぎたか)


415 名前:名無しさんだよもん[sage] 投稿日:2006/10/01(日) 11:46:27 ID:suLQyTTy0
>>403
>鍵は発売されたゲーム数が少ないこともあって、少数のヒロインに根強いファンが多い。
>葉は一応(延期もあるが)相応の期間でゲームを作って売るので、どうしても新しいゲームのキャラに勢いがある。

>古いキャラをいつまでも愛好するのが悪いわけじゃないし、
>新しいヒロインに惹かれて乗り換えるが悪いわけでもないだろう。
>ただ今回は時流に乗って人気が高かった愛佳が優勝した。そういうことじゃないか。

この分析は間違ってると思う。
>>246が真実じゃないかな。
>>246にもあるが、第1回の千鶴はその時点で6年前だったわけで。

で、こみパとかルーツとかうたわれとかは、そもそも発売当時から、
(葉鍵板的には)熱狂的狂信者を生むには弱いところがあった。
こみパ発売当時はそもそも葉鍵板は無かったが、それはおいといても、
第1回最萌にしたってこみパはVN3部作と鍵に挟まれて決勝トーナメントに進めなかったしね。
その意味で、鳩2は葉にとって痕・東鳩以来の
(葉鍵板的に)熱狂的狂信者を生み出すゲームだったといえる。

痕・東鳩が今回奮わなかったのは、>>246にあるように流石に古すぎたことに加え、
高橋水無月の落ちた偶像を見せ付けられたことや(特に水無月の珍化)、
Leaf自体が高橋水無月の屍を超えて東鳩2で大復活したことで、
高橋水無月信者が保ってた熱気に冷や水を浴びせられたことが原因だと思う。
第1回当時は、高橋水無月伝説はまだ生きていて、
古参信者が「俺は高橋水無月のLeafしか認めん!」と気を吐くような雰囲気があったんだが
(同時期に開催されたエロゲブランドトーナメントでのLeaf票の萌え文を読むと、それがよく表れている)、
その雰囲気を支える基盤が決定的に破壊されてしまった。

それに対して、鍵のライターは、今やかつての神通力は切れてしまったとはいえ、
まだリアライズのような決定的な駄作を出してないからね。



この2つのレスによって、なんとか現実を受け入れる努力をしようという覚悟ができた。
葉鍵板の住人はほとんどが入れ替わってしまっていることも理解できた。
20代前半でさえ雫・痕・ONE信者は少数派になりつつあるのだ。
この結果は真摯に受け止めなければならない。

それから、俺らの世代の古参信者にやるべきことがあるのもわかった。
おそらくここらが最後の砦。
ビジュアルノベルの灯はそう易々と消させんよ。


そういや、PP-ピアニッシモ-をちょっと始めてみました。
コレが面白い!! どんなゲームかと言えば

pia.jpg
(クリック拡大)

こんなゲーム。
連続猟奇殺人事件の裏で暗躍する組織と殺人犯として指名手配された主人公。
これはかなり面白い素材かもしれない。
一番気に入ったのはシステム面で、中でもヒロインが視点となる時に文章が縦書きになるのがかなり好き。
主人公がジャズバーのピアノ弾きであることもあってか、BGMのメインがジャズなのが良い。さらに挿入歌のレベルも高い。

まだ1クリアもしてはいないけど、カルタグラの次にコレが来たか!という作品。
InnocentGreyは自分にとって数少ないノベルゲー供給源となっていくのかもしれない。


>draさん
業界悪ノリうはおkでファイナルアンサー。
だが、ユーザーまで合わせて劣化してはだめだ!
関連記事
21:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■ん。

そうか痕は10年前のゲームなのか。。

・・・いやでもほぼ同時期にプレイした人間である俺としては痕(リニュ版)の方がインパクト強かったけどね。

あの背景は「絵」だし、BGMはなんとなくな唄じゃなくてBGMとしてしっかりしてたような。
VNらしい効果音とかも結構ハマった。(玄関の引き戸が開く音とか)

まぁ音楽という意味ではDCⅡでななかシナリオ終盤に流れた歌もよかったが・・・。。


・・・俺はサカス作品は嫌いじゃないが(というよりむしろ好きの部類だが)残念ながら痕のクオリティには敵わないと思った、それだけを言いたくて長レスになった、18の秋。すまない。
じんぼく |  2006.10.08(日) 00:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://humou.blog63.fc2.com/tb.php/176-0cac2abf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。