2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.04 (Wed)

この春の一大イベントは本当に統一地方選か?

この春の一大イベント!



統一地方選なんですが
選挙権がなければ始まらないわけです。

むしろ気になるのは統一地方選の裏で国民投票法改正案が通りそうなこと。
結局これ以前の時期に国民投票法案を強行で通さなかったのは
統一地方選を睨んでのことだし
メディアが統一地方選に流れるこの時期は絶好の機会かと。

会期延長がなければ6月中には国会は終わるので
結局今国会で通そうと思ったら7月の参議院選挙前になるのは確実。
それに5月6月となると他にカモフラージュできるニュースもほとんど無く
特に憲法記念日の5月3日前になると反日団体の過剰行動もあるでしょう。
前述の通りどう見ても統一地方選直後が絶好の機会なわけです。


過去に読んだ改正案の与党原案はあまりにもお粗末な出来で呆れてしまった。
修正案も一通り目を通してみたら多少の改善は見られるものの・・・程度の感想。
具体的には

○項目13 国民投票運動のための広告放送
与党原案:投票日7日前から投票日まで、テレビ・ラジオによる広告放送の禁止
修正案:投票日14日前から投票日まで、テレビ・ラジオによる広告放送の禁止 広告事業者、新聞社は料金その他の条件について賛成、反対のいずれでも同等のものとするよう配慮。

あの・・・ただでさえ報道規制(言論弾圧)なのに期間が1週間延びてますが。
あとTVCMなんて億単位の金が動くから金のある団体しか行えません。
とても機会均等ではない。

○項目2 投票権
与党原案:満20歳以上
修正案:満18歳以上 施行までに公選法、民法等の改正 公選法改正までは満20歳以上

結局公選法改正されるまでは満20歳以上なのでしょう。
18歳?20歳未満は圧力や情報操作のしにくい世代だからだめなのか?

○項目6 過半数の計算の際の分母
与党原案:有効投票総数の2分の1超
修正案:投票総数の2分の1超 投票総数=賛成票+反対票

賛成票+反対票の事を有効投票総数って言うんじゃないのか?
全く修正になってないしイミフ。アホすぎ。
有効投票総数にした方が少ない賛成票で通るからそうしたいのが見え見え。

○項目9 国民投票運動を禁止する特定公務員
与党原案:選管委員・職員、広報協議会事務局員、裁判官、検察官、公安委員、警察官
修正案:選管委員・職員、広報協議会事務局職員

ここに来てようやくまともな修正。
原案の段階では、反対運動特に数百万の教職員の反対運動を潰す目的で設けたのかと。

○項目16 無効訴訟 提訴期間・管轄他
与党原案:提訴期間は結果告示の日から30日以内 管轄は東京高裁のみ
修正案:原案から変更なし

いや変更なしってあんた。1ヶ月で立証・告発なんて難しいでしょう。
まぁ難しいから30日以内なんて規定にするんだろうけど
管轄が東京高裁のみというのもおかしい話。
あと、可決した改正法の提訴時の適用可否についての記述がありませんが?(お察し


他にもおかしいところはたくさんあるけど
特に気になったのはこの辺。本気でこのまま通すつもりなのだろうか。
結局政府主導の憲法改正をしやすくするための改正でしかない。

日本の終わり、始まったな。
早く国外逃亡して日本語が公用語の国でも作りたい。
関連記事
02:46  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://humou.blog63.fc2.com/tb.php/255-aa98f301

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。