2017年03月 / 08月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.05.11 (Fri)

世界観を買え。

大学のオタク達も徐々にボロが出てきているので
だんだんと会話クオリティがあがってきて楽しいです。
ざっと見ですが、母校標準クラスが3人います。
この大学へ入ったのは・・・もしかして必然?

実験レポにも追われていたので微妙に時間もなく。
ダカーポ春を始めてからは、ゲームをしていない日があるとエネルギーが足りません。

月面のニュース確認して

CIRCUS 「D.C.II P.S.?ダ・カーポII?プラスシチュエーション」 ページ初公開!

キタ━(゚∀゚)━┥東│東│東│ │ │ │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━(゚∀゚)━!!!!!
名称はP.S.か!!!!!!!!
無印と同じ分量出せる事が確定してますがwwwwwwwwwwwww
しかも角川パワーで新キャラ追加らしい。
茜・μ・まゆき先輩を置いておきながら新キャラ追加かよwwwwwさすが曲芸wwww

エロゲー業界に”御布施”という会社単位で作品を購入する言葉があるように
曲芸商法にお金を落とすことは、その”世界観”にお金を払っていると考えればいいのであって
作品単体として見れば、阿漕もイイとこである。
だが自分の好きな世界観に対して対価を支払う事は今後増えていくと思う。

いくら、ひとつの作品が人気でも
その作品と、そのファンディスクがでればだいたいはそこで終わりである。
その世界観を好きな人間に取っては、
「コレで終わりなのか」
という落胆の気持ちが大きい。

それとビジネスを結びつけたものが世界観商法であって
この考え方に俺は違和感を感じない。
尤も、サーカスの売り方は自分の考えている世界観商法とは一味違う。

たしか半年ぐらい前に、世界観商法は核の上に成り立つという話を書いたが、その辺の話が絡まる。
たしかに、サーカス的な売り方の世界観商法にもメリットがないわけではない。
それは新規層で、核となるゲームの次にメディア展開では
メディア展開時に参入した顧客は
消費がそのゲームにまで至ることは少なめであって
次の作品の購買層としては弱い。

サーカス的な世界観商法は、ゲームの次にゲームなのである。
要するに新規層はゲーマーであって
次回作の購買層として大いに期待できる。

だが、この売り方は個人的にはまだ早いと思う。
考えの古い人間がまだまだ多いので
ユーザー層の感情を逆撫でしてしまうこともある。
世界観商法は、理論としては素晴らしい面を持ち合わせてはいるものの上記の理由により、浸透が遅い。

ゲーマーよ、世界観を買え。
それこそがオタクの新しいフィールドなのだから。

今年中に世界観商法について纏めたものを出したい。
関連記事
00:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://humou.blog63.fc2.com/tb.php/275-02b38128

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。