2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.06 (Wed)

幼馴染みの二面性と原理主義

幼馴染みが今危機に瀕している。
そう感じているギャルゲーマーも少なくない。
現在のところ幼馴染みという境遇は、サブキャラの味付け程度の意味しか為していない。
私はこの事実からは目を背けてはならないように思う。


突然だが幼馴染みとは何かを考えたい。

幼馴染みといえばもはや説明不要感まであるが
境遇的属性としての幼馴染みを簡単に言うとすれば
それはすなわち

・親兄弟含めて誰よりも主人公という人間をよく知っている。
・現時点で最も主人公に近しい関係でありほぼ相思相愛であるが恋人ではない。

この境遇のことを幼馴染み属性と呼ぶのだと私は解釈する。
1つめは幼馴染みという言葉による定義であって
2つめはTH以降に定着したであろう定義である。(ときメモや同級生ではこの傾向はなかった)

幼馴染み属性は絶大の人気を誇り、メインヒロインの代名詞とも言える属性であった。
境遇的属性時代(全盛は妹ブーム?)には、絶大な支持を集めている。


だがここでよく考えて欲しい。
幼馴染み萌えとはいったい何なのか。
こう言ってはなんだが私も幼馴染み萌えの一人である。
では私は幼馴染み属性の何に萌えているのだろうか。
境遇萌え派を自負している私は迷わず、上記二つの境遇と答えるだろう。
だが果たしてそれだけであろうか。

私がここで言いたいことはこうである。
幼馴染み属性というモノそのものは、そこに性格的属性が内在しているのではないか。
要するに幼馴染み属性というものはそれだけで境遇的属性と性格的属性の二つの面を持ち合わせているのではないかということだ。

私は幼馴染みという境遇に萌えると同時に幼馴染みっぽい性格のキャラクターにも萌えているのである。

THの亜流が大量に生まれた時代、あかり型幼馴染み=幼馴染みキャラという構図が完全にできあがってしまった。
その印象がそのままに幼馴染み属性の性格的側面を形成しているのだ。

もちろん、いろんな性格的属性を持った幼馴染みキャラがいるだろう。
ただそれは幼馴染み属性なのだろうか。
高飛車な幼馴染み・熱血漢な幼馴染みなどと言うことができるが、この段階で違和感を覚えるならばそれは、自分が認識している幼馴染み属性というものにあかり型の性格的属性が内在していることを示している。

私たちは”幼馴染みかくありき”というような大げさに言えば
幼馴染み原理主義者なのだ。

これこそがギャルゲー界の頂点として君臨し続けてきた幼馴染み属性のウィークポイントとなる。


まず妹ブームの影響を忘れてはならない。
妹という境遇的属性は爆発的に世間に受け入れられていった。
シスプリなどをとってみてもわかるとおり非常にバリエーション豊富だ。

たしかに、同級生2の現役ユーザーからすれば妹属性とはすなわち鳴沢唯である。と言えるかもしれない。
だが結局のところ妹という属性は、境遇面とは違うところで性格的側面の開拓が進んでいった、本来的な意味の境遇的属性である。
唯や乃絵美のような妹属性の代名詞と呼ばれるキャラクターを輩出しながら
妹萌えが原理主義化しなかった要因については後日考えるとしよう。

だいたい、妹ブームの終盤からギャルゲー業界全体が
境遇的属性よりも性格的属性を重視する方向へ
ユーザーもより性格的属性を重視する方向へ動いて行くことになる。

属性の移行についてはギャルゲ市場に新規参入ラッシュ期というものが存在していて
それが、大量の類似品を生み出したことによる影響ととらえるのが自然である。

ツンデレの台頭もそうした流れの一つととらえるとわかりやすい。

ここで幼馴染み属性は窮地に立たされた。
幼馴染み原理主義者の数自体は減っていないが
業界全体として性格的属性指向が強くなり、市場での需要が減りつつある。
今やサブキャラクターとしてや、二面性から性格的側面を抜いた本来的な意味での幼馴染み属性によって生き残りが図られている。

解決法というか解決すべき問題なのかの議論からしなければいけないけれども

これだけは言いたいです。

幼馴染み原理主義はエイエソに不滅です。
関連記事
02:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■No title

幼馴染みは至高 これは不変の真理
いやぁ…ギャルゲーはときメモしか知らん自分ですが

境遇的属性と言うのはいいですね
立場的属性とか職業的属性とか中々迷走していたもので
幼馴染みの装飾的属性に関してはどのようにお考えでしょうか
とまぁ古い記事でありますが
名無しさん@お腹いっぱい。 |  2009.06.06(土) 21:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://humou.blog63.fc2.com/tb.php/296-2fd54d3a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。