2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.12.28 (Wed)

2005年総括

さて、長いようで短かった2005年。予告のとおり、ゲームのランキングやらをやりたいと思います。このタイミングなのは、コミケで、もう年内は書き込めそうにないからだったりします。
それでは、もう早速行きましょう。

第1位
ゆのはな PULLTOP
どれが一番か色々悩んだ結果、プレイした時間が充実してたなぁと思えたこの作品が第1位。今年はこれ!という圧倒的1位ではないにしてもこの作品が私に与えた影響はかなり大きいです。
1位となった決め手はやはりシナリオ。まったりとしたADVが楽しみたいならこれしかありません。会話のテンポは緩めですが、掛け合いの面白さは随一。丸谷秀人氏の力は健在のようです。背景CGも作風に非常にマッチしています。あと、声優さんの演技も素晴らしく聞き惚れます。原画の藤原々々氏も作風に合った原画を描かれていて、総じてレベルが高いです。田舎ゲー史上の不朽の名作となるでしょう。

第2位
桜華 Carriere
これまた田舎。ゆのはなほど寂れていませんけど。この作品は、世界観がしっかりしていて好感が持てました。共通ルートの会話の掛け合いが面白く、日常シーンが楽しいです。背景CGもしっかりしていますし、グラフィック面も合格点。ただ詰めが甘いといいますか、共通ルートから専用ルートへと行くにしたがって共通ルートにあった日常シーンの面白さだけが抜けていく感じで、もう少し後半や裏(?)ルートを練っても良かったかなと思います。設定はしっかり生かされていますのでシナリオ全体ではまとまっています。

第3位
MERI+DIA ぱれっと
上位2つとは変わってSFモノ。若干世界観は広げすぎな気がしますけれど、すんなり入っていけました。大手作品を抑えて3位に入賞したこの作品の決め手は作風を大事にしているところでしょうか。また戦闘シーンの演出、通常シーンの立ち絵の動かし方など演出に非常に凝っています。これをプレイしたときは、まだレビューサイトを運営していたので当時書いたものを一時的に再UPしておきます。興味がある方は是非。
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/c73be13f/bc/maria.html?bc6_SKEBa.aSrdJg

第4位
夜明け前より瑠璃色な AUGUST
人気急上昇で一躍大手ブランドへと変貌を遂げたAUGUSTの新作。今までのオーガスト作品の特徴であったとんでも設定はないにしても、最後の最後でつじつまの合う良いシナリオでした。特筆すべきはなんといってもグラフィック。塗りだけに関して言えば今年度の作品で右に出るものはありません。特に背景美術に凝っていて、背景グラフィックだけでおなかいっぱいです。唯一の欠点は主人公です。主人公の考え方や行動など、不思議に思うことが多く主人公に入っていけない事が唯一の欠点でした。総じて完成度は高いですが、欲を言えばシナリオの大筋とは全く関係のない魅力的なサブキャラを用意しても良かったように思います。

第5位
カルタグラ ?ツキ狂イノ病? Innocent Grey
時代背景や設定を大切にした作品。CGと演出、BGMがそれを際立たせています。演出は今年随一。ただ、シナリオをもっと凝ってもよかったように思います。直球勝負なので先が読めてしまいます。BADルートまでプレイするべき作品です。

第6位
姉汁 ?白川三姉妹におまかせ? アトリエかぐや
アトリエかぐやの手堅いエロ重視のゲーム。今作はいつもどおりのエロかと思いきやとんでもな設定も多く楽しくプレイできました。今年のエロ作品のなかでは随一。どの声優さんの演技も上手く、実用性が高いです。

第7位
秋色恋華 Purple software
久々の正統派学園モノで一部シナリオを除き楽しめた作品。パープルソフトウェアさんの作品はテキストが合わない作品が多かったのですが、このゲームはすんなり入れました。原画も良く、背景CGは枚数自体はそれほどでもないですがゲームとして使うには意外な場所などが背景CGとして使われているのに驚かされました。システム面が充実していてシステムは今年最高レベルです。

第8位
ぱすてるチャイムContinue AliceSoft
過去作ぱすてるチャイムの続編。サブキャラが大いに光った作品だけに、サブキャラの扱いに難アリ。ただ、ぱすチャC++で保管されていますので続けてプレイすることをお勧めします。OP曲も良く、シナリオも良かったです。ゲームシステムは作業に近いですが、戦闘高速化パッチが出ているのでそれを当ててプレイするとそこまで不自由を感じません。学園という設定が戦闘モノと違和感なくマッチしている辺りがさすがです。

第9位
Fate/hollow ataraxia TYPE-MOON
fateのファンディスク。こちらは智代アフターと違い正統なファンディスクといった感じで、ファンディスクにそれなりのシナリオが付いていると言って良いでしょう。ファンディスクとして十分に楽しめる作品だと思います。

第10位
ダンシング・クレイジーズ ソフトハウスキャラ
GALZOOアイランドと非常に迷った10位。ゲーム性ではあちらに有利かもしれませんが、世界観やキャラ性能でこちらを選びました。ゲームシステムはかなり斬新なもので楽しめました。世界観を共有している”真昼に踊る犯罪者”をプレイしている分、ネタがわかるので評価アップです。


た、大変でした・・・。今年はこんなところです。プレイ作品少ないですね・・・やはり。6位?10位はかなり悩みました。1位?3位の作品でまだプレイしていない作品がありましたら是非プレイしてみてください。
今年度は意欲作が多かった年でした。来年は今年の経験を生かして飛躍的に伸びるブランドがいくつか出るのではないかと予想しています。
それでは、良いお年を。


フルコンプ
Cafe-AQUA、尽くしてあげちゃう5、ドーターメーカー2、Pure×Cure、SEVEN-BRIDGE、南国ドミニオン、つくしてあげるの!、秋色恋華、ひなたると、Hな除霊パズル、MERI+DIA、ゆのはな、お嬢様組曲、こんなアタシでゴメンなさい・・・、家庭教師のおねえさん、カルタグラ、Gift、侵蝕、英雄×魔王、ぱすてるチャイムContinue、桜華、ぎゃくたま2、秋色謳華、Tick!Tack!、鎖、夜明け前より瑠璃色な、ダンシング・クレイジーズ、ぼーん・ふりーくす!、はぴねす!、BIN★CANダーリン、はじめてのおてつだい、Fate/hollow ataraxia、Nursery Rhyme、姉汁、智代アフター、ToHeart2XRATED、GALZOOアイランド、KISS×400、Festa!!、きると、みらろま
関連記事

テーマ : 美少女ゲーム ジャンル : ゲーム

12:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://humou.blog63.fc2.com/tb.php/4-7d8e5c29

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。