2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.07 (Wed)

D.C.?をもう一度よく考えてみる。

D.C.?・・・・・・それは必然。
サーカスの社運を賭けた壮大な釣りでもある。

制作発表の際、誰もが”納得”した。
あのサーカスがこんな美味しい所に手をださないはずはないと。
だがそれは必然的に過去ノーザンチームと前作に傾倒する信者達への挑戦状となった。

誰もが駄作だと思った。
誰もが前作と比較し見下されるものだと思った。
誰もがそのなにもかも全て承知の上でサーカスが制作を決定したのだと思った。

・・・そして発売して2週間。

誰がこんな結末を予想しただろう。
罵倒や煽り合いの絶えない某ちゃんねるも、早いながらスレ進行は穏やか。
辛口評価も少なくない批評空間では
「普通に面白かった。」「結論から言えば面白かった。」「予想以上に良かった」
など好意的なコメントが目立つ。

やられた・・・・・・・・・これこそが奴らの狙いだったのだ。
どう見ても駄作だと見せかけておいてこのクオリティ。
我々はまんまとサーカスに釣られてしまったのだ!!!!
4年前我々をピエロにした彼らは、またもや我々をピエロに・・・いやピエロであることを思い出させにきたに違いない。
我々に「まだサーカスは終演の時ではない」ことを伝えに来たのだ!!

そしてピエロは踊り続ける・・・・・・。


というのは前置きで
実際面白かった。
ご都合主義ファンタジーがドドンかと思えば、メモオフばりのドロドロした人間ドラマも。
唯一非難すべきはあれ。由夢の口癖の
「や????だから」と「ありえない」。
どう見てもそれ散るです。本当にありがとうございました。

作品自体はONE後一時期流行った”ONE亜流”的な傾向が強い気がする。
7年以上前の流れが未だに通用する辺り、業界としての進歩がない気がしないでもないけど。

ついでに上半期まとめ用メモ
1月
ゴア・スクリーミング・ショウ
よつのは
麻雀 英雄×魔王
スクールぱにっく!
2月
Piaキャロットへようこそ!!G.O. ?グランド・オープン?
むすんで、ひらいて
もしも明日が晴れならば
あると
おまな2 おまえんち萌えてるぞ
3月
エロ医
エルフオールスターズ脱衣雀3
4月
レイプレイ RapeLay
よくばりサボテン
PRINCESS WALTZ
5月
D.C.II ?ダ・カーポII?
6月
グリンスヴァールの森の中 ?

受験シーズンでしたし、あまりやってませんな。
一位は内定。キャラ新作がどこまで順位を伸ばすか楽しみです。
関連記事
22:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://humou.blog63.fc2.com/tb.php/58-0a1c24a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。