2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.18 (Thu)

池袋でからおけなるもの

ちょっとだけ時間ができたので池袋へ

生粋でラーメンを食べる。
サンマをミンチにして醤油汁に使ってるここのラーメンはもうやみつき。
生臭いのが苦手な人はNG。焼き魚大好きな人はやめられないはず。

ついでにカラオケ行ってきました。


いつも通りビックエコーに入ろうかと思ったのですが、
なんやらもう年末料金でフリータイムがないそうです。

池袋カラオケ、そして盆暮れのカラオケで安定なのはやはりノア。
JRの駅からは少し遠い&設備がちょい悪い(音関係)という点に目をつぶれば
スタジオノアは本当に最強。

フリータイム400円(12:00?19:00) ワンドリ制
まぁ安ドリンクが300円ですから総計700円。安い。
何がいいかって、休日・祝祭日全部この料金が変わらないところ。
DAM部屋とJOY部屋が選べるのもいいかも。

部屋は広め、空調はやや悪め。エアコンは結構効く方。
芸術会館向き側の部屋に入ってしまうと、夕方は通る車の陰が入ってきそう。


とはいえ、平常時の池袋カラオケと言えば、もちろんビックエコー。
池袋西口のビックエコーはすごい。
何がすごいって飲み放題。

12:00?19:00 フリータイム 540円 飲み放題(セルフ)

おかしい。明らかに安い。しかも昔は400円台だった。
しかも飲み物は普通に飲める。紅茶の種類も多いし、コーヒーだって飲める。
ココアもあるので、ココアで腹を満たしてるSOLやGechoを何度か見たような見てないような。

第一興業直営なので全部DAM部屋。
部屋はちょい狭い。マイクが悪い事がある。ディスプレイは綺麗。
DAMプレミアはだいぶ普及したみたいだけど、
デンモクの最新機種が入ってない部屋もあるので
フロントで”デンモク最新入ってるところ”と指定しなきゃだめ。

あとDAMプレミアはiPodから音楽を流せるけど、iPod対応部屋が異常に少ない。
埋まってることもあるので使いたかったら朝一で行くべき。要フロントで確認。

あまりの安さに12時前から人がちょろちょろ開店待ち。



まぁそんなことはどうでもよく、以下カラオケ結果(49曲)
カードに保存できる履歴いっぱいの50曲歌ったと思ったのですが、1曲歌えずに消したので49曲に。

ソロカラなので一気に15曲ぐらい入れる→歌う→休憩 の繰り返し。
一気入れた最後の方は点数失速気味・・・。
喉やばすぎ。 まぁカラオケ力(笑)なんてものは持ち合わせていないってことです。
ランクイン(赤色)と個人的高得点<93点以上>(青色)でえらそうに強調してます。


純白サンクチュアリィ /茅原実里 11位 (91.053点)
雨上がりの花よ咲け /茅原実里 20位 (83.638点)
君がくれたあの日 /茅原実里 7位 (92.545点)
Contact /茅原実里 2位 (91.869点)
詩人の旅 /茅原実里 6位 (92.345点)
Cynthia /茅原実里 9位 (88.109点)
Paradise Lost /茅原実里 42位 (90.883点)
Peace of mind?人魚のささやき /茅原実里 1位 (93.801点)
ふたりのリフレクション /茅原実里 3位 (91.864点)
Melty tale storage /茅原実里 2位 (94.497点)
Last Arden /茅原実里 1位 (92.569点)
雨上がりの花よ咲け /茅原実里 13位 (86.452点)
暁に咲く詩 /CooRie 3位 (92.311点)
あなたと言う時間 /CooRie 2位 (91.919点)
いろは /CooRie 4位 (88.489点)
記憶ラブレター /CooRie 1位 (79.523点)
君にヘッドフォン /CooRie 1位 (86.568点)
クロス*ハート /CooRie 1位 (90.824点)
雨上がりの花よ咲け /茅原実里 8位 (89.37点)
桜の羽根?Endless memory? /CooRie 5位 (88.038点)
Sweetest /CooRie 1位 (92.227点)
存在 /CooRie 6位 (87.654点)
流れ星☆ /CooRie 6位 (87.188点)
未来へのMelody /CooRie 9位 (89.963点)
優しさは雨のように /CooRie 10位 (87.275点)
The first scenery /rino 1位 (86.093点)
Spring has come /rino 4位 (89.85点)
Small Cherry?promised bell? /rino 1位 (91.506点)
Dream?The ally of? /rino 7位 (85.154点)
WhiteSeason /rino 6位 (90.964点)
BELIEVE /yozurino* 1位 (91.745点)
Hello Future /yozurino* 2位 (89.368点)
Ever After /yozuca* 2位 (89.241点)
記憶の海 /yozuca* 15位 (83.576点)
サクラ アマネク セカイ /yozuca* 8位 (91.628点)
サクライロノキセツ /yozuca* 9位 (91.777点)
サクラキミニエム /yozuca* 4位 (94.826点)
サクラサクミライコイユメ /yozuca* 17位 (92.769点)
たったひとつだけ /yozuca* 1位 (92.094点)
ダ・カーポ?第2ボタンの誓い? /yozuca* 20位 (89.805点)
ダ・カーポ??あさきゆめみし君と? /yozuca* 10位 (92.718点)
Happy my life?Thank you for everything!!? /yozuca* 4位 (93.087点)
Fragment?The heat haze of summer? /yozuca* 6位 (89.021点)
TRANSMIGRATION /水樹奈々 3位 (91.07点)
Orchestral Fantasia /水樹奈々 11位 (90.195点)
Princess Rose /田村ゆかり 6位 (89.514点)
恋の炎 /榊原ゆい 6位 (93.244点)
雨上がりの花よ咲け /茅原実里 11位 (88.708点)
Paradise Lost /茅原実里 36位 (91.649点)


この50曲を全て水樹奈々で埋めても良かったのですが、
今回はよずりのをフィーチャーしていきました。みのりんはアルバム出たので記念。
雨上がりの花よ咲け はカラオケで歌っててすごい気持ち良かったです。



ヨスガノソラコンプしました。
感想っぽいものも書きたいのですが、もう3時なのでぼちぼち寝ます。



>総理さん
リア先輩の人気は頷ける感じです。(ナナカの入っていない)ファンディスクもありますし
個人的には、ナナカとミサを先に攻略してみたいなぁと思ってしまったのでまだやっとらんのです。

一般的に語る事ができないネタだと思うんで、ほんと個人的なお話なのですが、
攻略したい と思わせるようなキャラクター性は大事だと思いますよ。
リアは主人公を始めから好きすぎで、ロロットは主人公に興味なさすぎ(アゼル然り) なんだと思います。

主人公・ヒロインを取り巻く初期的な設定というものが、
主人公とこのヒロインがくっついていく過程で
どれだけ変わっていくんだろう? と興味を持たせる。

これが私の”攻略したいと思わせる”という言葉の意味です。

例えばで妹キャラなんて存在自体で条件をクリアしてるんですよね。
近親的な恋に対して主人公達はどう向き合うのかという要素はかなり期待させられます。
逆に言えば、その向き合う要素が始めからほぼないようなシナリオは
プレイしたい衝動みたいなものが出て来ません。

巷ではツンデレとかいう言葉が日常にとけ込むレベルまで来ていますが
所詮ツンデレという言葉は、上記の展開の流れを指した時の最初と最後だけを見て
おもしろ可笑しく評価しているだけで、ツンデレなんて言葉に本質はないですよ。

ツンデレという言葉に私が勝手に魅力を感じているのは
この言葉1つで、ツンとデレのこの2語の間に”何かがあった”事が意味されている。
これですよ。行間を読むじゃないですが、字間が読めるんです。
私がここに書いた”ツンデレ”この言葉にももしかしたら字間には
壮大なストーリーが展開されているのかもしれない。

つまり、ツンデレは二つの時期を表しているものであるので1つの状態ではありえないのです。
そこを間違えないで欲しいですよね。
「べ、別にあんたの(ry」 はツンデレじゃなくてただのデレだよね。そういうことです。

閑話休題、私は幼馴染み設定が大がつくほど好きなのですが、
これは元々の設定が既にゴールにほぼ近い状況で、ここからどう展開させるのか
ライターは、この設定をどう料理するのか。
”恋人以上、恋人未満”である幼馴染み設定の料理法は非常に興味深いです。

※都合により再会系幼馴染みの話はおいておくとします。
 そもそも私はそれを幼馴染みと認識したくはないのですが、それはまた別のお話。

とどのつまり、私はヒロインを攻略したいわけではないのです。
私自身が主人公と共感してその一部となり(ちょっと危ない嗜好?)
その主人公とヒロインを取り巻く環境を攻略したいんです。

なので中途半端、あえて中途半端と書かせて頂きますが、
中途半端な設定はプレイしづらい。(この中途半端さは個人の嗜好に寄る所が大きいかと)

主人公が好き!

あぁそうですかお幸せに。

これじゃつまらんのです。

主人公が好き! だけど、主人公には十数年来の幼馴染みがいつも近くにいて
その幼馴染みは友人で傷つけたくない。

これですよ。

今ある主人公を取り巻く環境。
調和の取れた環境が破壊され再構築される。
この部分のテキストに力を入れて欲しいですね。

と、ここまでは理解できている人は多いです。
そのためか、破壊・再構築のみにテキストが偏重する場合があります。
これは良くありません。

何が破壊されるのか、されたのか。
これがしっかりしていないとうま味が逃げていきます。

典型的な例として、転校生を挙げましょう。
転校生とは存在そのものが破壊的です。取り扱い注意。
転校生は、主人公と二人で帰ったり(幼馴染みと帰るタイミングが減る)
調和の取れた環境の破壊工作をしていきます。

ここで重要視して欲しいのは、”今まで○○だったのに” という言葉。
言葉にはしなくていいのですが、要はこういうテーマ。
今まで○○ の描写が濃ければ濃いほど、その破壊工作にも味が出てくるってものです。


なんだか最近は、個々の存在だけがあり、そこから関係が構築されていく。
といったたぐいのものが多いでしょうか。(自分がそういうものばかり買ってるだけかも)
攻略したい衝動に駆られるようなキャラ・世界観に沢山巡り会いたいモノです。

長文失礼(もう4時)


>トラバつけてくれた方
その通りです。DC2の小恋シナリオ、通称ななか最高シナリオ。
誰もがななかを選びたくなるところ。
修羅場スキーな個人的には、解決しないままずるずる行って
義之消えてもう一悶着あったら最高でした。
関連記事
03:54  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■No title

中途半端とか再会系幼馴染と聞いて飛んできました
やっぱり主人公の捉え方が重要なんですかね

あとヨスガノソラの感想に期待
Void |  2008.12.19(金) 01:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://humou.blog63.fc2.com/tb.php/610-6d976d4a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。